アンテナを上手く設置するには、ある程度の技術と知識が必要です。

  • ホーム
  • 関東アンテナ業者ランキング
  • お役立ち情報一覧
  • サイトマップ
  • 運営者情報
関東のアンテナ工事業者をランキング形式で徹底比較しました!

関東アンテナ業者ランキング HOME > お役立ち情報一覧 > アンテナってどうやって取り付けるの?

アンテナってどうやって取り付けるの?

アンテナは取り付け方法がたくさんあります。その設置の仕方によって、受信状況はもちろん、外観などにも影響を及ぼすので、最初に入念に計画する事が大切です。アンテナの取り付け方法としてはベランダへの取り付けを始め、壁への設置、屋根上への設置、屋根裏への設置、室内での設置など様々な方法が選べますが、どこに設置するかで受信の安定のレベルも変わるので、一番安定する場所を探しましょう。取り付け方法のお役立ち情報をご紹介します。

業者にアンテナ設置を頼む場合

業者にアンテナ設置を頼む場合、基本的な工事とアンテナの料金を含めて最低でも2万円以上は考えておきましょう。もしも屋根上などに取り付けなければ電波の受信が安定しない場合は高所作業料金などが加算されます。また、地デジだけでなく、他の放送電波も受信したいと思うならその分の料金も加算されますので、最高では10万円ほどに達する事もあります。しかし、業者は様々なノウハウを持っており、自分で設置するのに比べてより確実な事が多く、委託される方も多くいます。難しい場所への設置ほどプロに頼むのが良いでしょう。

自分で取り付ける場合

自分でアンテナを取り付ける場合の注意点として、まずは電波の強度をチェックしましょう。チェッカーを使えばアンテナ設置の前に自宅のどの場所が安定して受信できるのかを測ることができます。ただし、アンテナを設置してしまえばチェッカーは基本的に必要ないので、わざわざ買うには少しもったいないかもしれません。また、屋根上などの高所作業は不慣れだと大変危険です。自分で取り付け作業ができれば工賃分は節約できるかもしれませんが、リスクも考えて無理をしないようにしましょう。

受信状況が決め手

業者に取り付けを依頼するにしても、自分でアンテナ設置を試みるにしても、重要なのは安定して受信できる場所にしっかりと設置するという事です。また、壁面などに固定する場合は防水対策をしっかり行なってください。室内での設置の場合は、人の動きによって電波障害を起こさない場所を見つけることが大切ですし、屋外での設置の場合は風や雨によって方向がずれないように固定する事が大切です。屋内に設置する場合にはブースターを利用して電波を強めたりもできますが、専門的な知識も必要になるため業者に依頼するほうが確実です。

アンテナの設置に関して

ケーブルテレビなどで地デジを視聴しない場合、アンテナ設置は不可欠です。最近のアンテナはデザインアンテナなどとも呼ばれるほど、スタイリッシュでコンパクトなものもあり、以前のように大規模な工事が不要な事も多々あります。自分でも、業者に頼んでも設置はできますが、より確実で安定した受信環境を作るなら、専門知識を持った業者に頼むほうがやはり確実でしょう。長期的に見てもアンテナでの視聴のほうがコストが抑えられ経済的ですし、室内での設置も可能なケースもありますので、検討の価値はあります。

© 関東アンテナ業者ランキング All Rights Reserved.