室内アンテナは電波の強い場所なら十分活躍するテレビアンテナです。

  • ホーム
  • 関東アンテナ業者ランキング
  • お役立ち情報一覧
  • サイトマップ
  • 運営者情報
関東のアンテナ工事業者をランキング形式で徹底比較しました!

関東アンテナ業者ランキング HOME > お役立ち情報一覧 > 室内アンテナってちゃんと見れるの?

室内アンテナってちゃんと見れる?

室内にアンテナを立てても、きちんと受信できるのか心配になるものです。しかし、電波の強度が十分ある設置環境であれば、室内アンテナでも十分受信可能です。ただし、設置環境によっては様々な原因で電波をブロックしてしまい視聴ができない事も考えられます。とはいえ、外観の変化を気にする必要がありませんのでそのニーズは高まっています。受信不具合時の対策や、室内アンテナに向いている条件などをご紹介します。

室内アンテナと普通のアンテナの違いは?

室内アンテナは通常の大きくて場所を取るアンテナとは異なり、デザインアンテナや、平面アンテナとも呼ばれる、コンパクトで薄型のものが主流です。普通のアンテナが、屋外での設置を前提に設計されているのに対して、デザインアンテナは屋外はもちろん、室内でも設置が簡単で、受信もできるように作られています。見た感じもアンテナとはわからない長方形のため、室内の雰囲気を大きく変えてしまうこともないでしょう。地デジは視聴したいけど、大げさにアンテナは設置したくない方にとってはまさにぴったりのアンテナかもしれません。

室内アンテナでしっかり受信するには

室内アンテナを設置するにあたってどうしても気になるのが、受信状況でしょう。電波がもともと強いかどうかにも大きく依存しますし、たとえ電波が来ていたとしても、室内の設置場所によっては、人が動くことによって電波を遮ってしまい、ノイズが出てしまうこともあります。受信環境を安定させるためには、室内でも一番電波の受信を妨げられることのない場所をまず確保する事から始めましょう。アンテナ自体は非常にコンパクトですので置き場所を大きく取る必要はないでしょう。

室内アンテナに向いている家

では室内アンテナをどのような時に利用するのがベストなのでしょうか。まずはやはり、外観を変えたくない場合でしょう。壁などにアンテナを設置するとどうしても家全体の雰囲気が変わってしまいます。また、雨や風による経年劣化を防ぎたい時にも室内での設置は効果的です。さらに、電波状況を細かく調整したい時にも、室内アンテナであれば調整が容易です。家自体の電波の強度が弱ければ、ブースターを設置する事で強める事も可能です。また、ある程度のスペースが確保できる屋根裏があるなら、そこへ設置するのも良いでしょう。

室内アンテナのメリットとデメリット

室内アンテナは多くの場合は簡単な工事で済みますし、アンテナでの地デジの視聴は毎月の視聴料金もかからないため、長期的にみたコストが経済的なのも魅力の一つです。ただし、室内環境によっては人の動きなどで電波障害がおこり、安定した視聴環境を確保するのが難しい場合もあります。ブースターを使うなど改善の方法はありますが、本来の受信環境が悪いと視聴ができない事もあるので注意が必要です。しかし、見た目にもコンパクトでデザイン性にも富んでいるので、電波が強ければ室内アンテナは考慮する価値があるでしょう。

© 関東アンテナ業者ランキング All Rights Reserved.