新築でテレビアンテナ以外でも地デジを視聴する方法をご紹介します。

  • ホーム
  • 関東アンテナ業者ランキング
  • お役立ち情報一覧
  • サイトマップ
  • 運営者情報
関東のアンテナ工事業者をランキング形式で徹底比較しました!

関東アンテナ業者ランキング HOME > お役立ち情報一覧 > 新築の家でテレビを観るには?

新築の家でテレビを観るにはどうしたらいいの?

新築の家でテレビを視聴するには、地デジの電波を受信する必要があります。ケーブルテレビに加入するか、テレビアンテナを設置するかのいずれかを選択する事ができます。新築の外観を変えたくなければ、テレビアンテナではなくケーブルテレビなどに加入する事ができますし、テレビアンテナの形状や設置場所によっては外観にほとんど影響を与えずテレビアンテナを設置する事も可能です。それぞれの特徴を解説します。

テレビアンテナを設置する際のメリットとデメリット

新築でテレビアンテナを設置する際にはまずは設置前に自宅の電波の受信状況を確認しておきましょう。テレビアンテナは新築の外観を変えてしまうこともあるため、設置に抵抗をおぼえる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではデザインアンテナとも呼ばれる薄型でコンパクトなテレビアンテナもあります。設置場所も目立たない壁面や、全く外からは見えない屋根裏、場合によっては屋内において受信もできます。屋内の場合は、風などの影響で方向が変わってしまったり、経年劣化を最小限に抑えることが期待できます。

ケーブルテレビでテレビを視聴する

新築の自宅で、ケーブルテレビに契約する事で地デジを視聴する事も可能です。ただし、新築の自宅がケーブルテレビを契約できる環境かどうかをまず確認する必要があります。契約に関しても、テレビアンテナのように設置する事で新築の外観が変わる事はありませんが、毎月の視聴料金が発生するため、長期的に考えるとアンテナ設置よりもコストは大幅にかかる事が予想されます。ケーブルテレビの場合は電話などのネット環境にも対応しているパックもありますので、全体的なニーズと比較して検討するのが最善でしょう。

フレッツ・テレビでテレビを視聴する

フレッツ・テレビアンテナを使わずにフレッツ光でテレビを見ることができるサービスです。 地デジだけでなく、5000本近くのビデオを始めとする様々なサービスを利用する事ができるので、テレビをよく視聴する方にとっては非常に便利でお得なサービスと思います。ですが、それほど多くのサービスを必要としない場合は毎月の契約料など、アンテナでの地デジ視聴に比べるとコストがかかる場合もあります。また、複数台のテレビで視聴する際には別途工事が必要になります。その為、家庭の利用状況によってはイニシャルコストもランニングコストもかかるかもしれません。 また、フレッツ・テレビと似たサービスでひかりTVもありますが、こちらはIP放送を使って視聴するため通常のテレビに内蔵されたチューナーではなく専用のチューナーを購入する必要があります。良し悪しがあるので新築の受信状況や家族でのテレビの使い方を確認してから契約を検討するほうが良いでしょう。

どの方法で地デジを視聴するか

地デジの視聴といっても方法は多岐に亘ります。長期的に見てコストを抑えたいのであればアンテナ設置がよいでしょう。最近ではデザインアンテナなど、外観にさほど影響しないタイプもありますし、屋根裏などの屋内にも設置可能な場合がありますので、地デジの視聴だけで十分という場合にはテレビアンテナの設置が良いかもしれません。一方、ケーブル回線を使用して、他のサービスも一緒に利用したい場合には、ケーブルテレビやひかりTVのほうがよりニーズに合っているかもしれません。

© 関東アンテナ業者ランキング All Rights Reserved.