屋根裏にアンテナを設置する際の注意点とメリットのご紹介です。

  • ホーム
  • 関東アンテナ業者ランキング
  • お役立ち情報一覧
  • サイトマップ
  • 運営者情報
関東のアンテナ工事業者をランキング形式で徹底比較しました!

関東アンテナ業者ランキング HOME > お役立ち情報一覧 > 屋根裏にアンテナを取り付けるメリット・デメリット

屋根裏にアンテナをつけるのって流行ってるの?

地デジの視聴方法は大きく分けてケーブルテレビかアンテナの設置かの2通りの選択肢があります。ケーブルテレビの場合はアンテナのように外観が変わってしまう機器を設置することは必要ありませんが、毎月の契約料金が発生します。一方でアンテナの場合は、最初に取り付けをしてしまえば毎月の視聴料金は不要なため経済的と言えます。最近はデザイン性の高いアンテナや、屋根裏にも設置できるアンテナもあり、ニーズが増えている屋根裏アンテナについてご紹介します。

屋根裏にアンテナをつけるメリット

屋根裏にアンテナを設置する際のメリットとして、まずは風雨による経年劣化を防ぐ事ができるという点が挙げられます。また、外観上も全く変化がないため自宅の景観を損なう事がありません。また、新たに放送局が将来的に設置された場合でも、アンテナ方向を修正する事ができるという点も魅力でしょう。また、屋根上などの設置など高所作業による落下の危険性もないため、場合によっては業者に依頼せずにわずかな調整やメンテナンスが可能ということもメリットの一つです。

屋根裏にアンテナをつけるデメリット

屋根裏にアンテナをつける際に注意しておきたいデメリットとなる部分としては、まず、屋根裏にある程度のスペースが必要という事です。物置のように使っている場合、工事のスペースもアンテナ設置のスペースも確保できない場合があります。またアンテナ自体も通常のアンテナに比べると高額になる傾向にあります。とはいえ、アンテナ自体が少し高くなったとしても、長期的に使用する場合のコストはかなり安く、経済的ですので、設置条件さえ整えばデメリットよりもメリットの方が大きくなる事がほとんどと言えるでしょう。

どんなアンテナを屋根裏につけるのか

屋根裏への設置に向いているアンテナは、デザインアンテナや、平面アンテナ、フラットアンテナとも呼ばれる、薄くてコンパクトな形状な物がお勧めです。外に設置したとしても、アンテナらしくない長方形の形状で外観を損なうことはそれほど心配しなくてもいいかもしれませんが、屋根裏であればいっそう機器そのものの寿命も延ばすことができますし経年劣化も最小限に抑えられます。また、視聴環境を調べるために事前にチェッカーを購入し、屋根裏での受信状況を確認される方もいます。

屋根裏へのアンテナ設置はおススメです

ベランダや壁へアンテナを設置する時代から、屋根裏などの屋内のスペースへ設置しても視聴できるような時代となりました。屋根裏へのアンテナ設置は、アンテナそのものを長持ちさせるだけでなく、自分で微妙な調整をする事も可能なほどお手軽なものとなるでしょう。アンテナ自体の設置さえ終えてしまえば月々に視聴料金を支払う必要もなく、ケーブルテレビなどに加入して地デジを視聴するよりもかなり安く、費用を抑えることができるはずです。屋根裏に空いたスペースがあるのなら、是非一度電波の受信状況を確認しておいて損はないでしょう。

© 関東アンテナ業者ランキング All Rights Reserved.